悩んでいる男女

同時進行で行なう

悩む男性

離婚前に話し合うことの多い慰謝料に関する話し合いですが、人によっては離婚後に慰謝料を請求する人もいます。離婚後に慰謝料を請求すると、相手側が話し合いに応じないということがあります。このような話は多く、離婚前に慰謝料を請求しておけば良かったと後悔する人もいます。しかも、離婚後の慰謝料請求は、離婚が成立して3年以上経つと請求できないという決まりがあります。離婚後の慰謝料請求についての知識がない場合、このような問題に直面することもあるのです。離婚前に請求しておくと、同時進行で話を進めることができます。離婚する理由が相手側にある場合、慰謝料を受け取れる可能性が高いため離婚を成立させると同時に話を進めておきましょう。

離婚の際の慰謝料に所得税がかかるのかと不安に感じる人も多くいますが、一般的に慰謝料は非課税にあたります。心身に苦痛を受けた場合は非課税になると言われていますが、妥当と言われる金額を大きく上回った場合は贈与税の対象となる可能性があります。支払う側も、土地などを処分して慰謝料にする場合は譲渡所得税がかかります。慰謝料によって税金がかかるかどうかが決まるため、全ての慰謝料が税金に当たるとは言えません。