悩んでいる男女

請求する相手

パソコンとコールセンターの女

縁あって一緒になった二人が離婚することになった、しかも離婚の理由が相手の不倫や暴力など、自分に非がない場合は慰謝料を請求したくなりますよね。 しかし自分だけで請求すると感情的になりがちですし、相手と直接話をしなければならないという精神的なストレスもあります。また相手に言いくるめられて慰謝料が減らされたり、最悪1円も取れないという事にもなりかねません。 そこで弁護士に慰謝料請求を依頼するという人が増えています。相手との交渉は弁護士がやってくれますし、早く決着がつきます。 慰謝料は離婚後でも請求できます。時効は3年です。離婚後に相手の不倫を知った時などは「不倫を知ってから3年」なので、一度弁護士に相談することをお勧めします。

相手に一方的に非がある場合の離婚は、本当に辛いものです。請求する金額の大小ではなく、とにかく辛い、慰謝料はそのような精神的苦痛に対するものです。そのため、慰謝料を取れるのならできるだけ高くと考えます。法外な金額を請求する人がたまにいますが、気持ちを考えると責めることはできません。 そこで弁護士に、慰謝料請求を依頼することになるのです。そうすれば相場程度の慰謝料は取れますし、相手がお金がなかったとしても、財産を差し押さえる事なども可能です。 お金だけで解決する問題ではありませんが、慰謝料を取ることで少しでも依頼者の気が晴れるかもしれない。新しい気持ちで再スタートを切れるかもしれない。そして新しい幸せが見つけられるかもしれない。その助けになるために必要なサービスと言えるでしょう。